省人化ロボットライン

現在人手にて行っている様々な作業をロボットに置き換え可能です。
既存装置と組み合わせ省人化ロボットラインを設計・製作いたします。

省力化ロボット装置(実例)

【微小部品組立ロボット装置】
下記イメージ図はコネクタ組立装置の一例となります。

パーツフィーダからピンを取り出し、
位相確認ステージにて方向確認後、ピンの位相を合わせながらコネクタへ挿入。
省スペース・一定品質で且つ安定した
生産が可能になります。

※イメージ図はFANUC ROBOGUIDEにて作成


産業用ロボット用汎用ハンド

【製品説明】
産業用ロボット(おもに垂直多関節ロボット)向けのハンドです。
アクチュエータを内蔵し、爪(チャックOR吸着)を交換することにより多品種・多工程に対応し多面ハンドで複数の作業を行える設計になっております。
実際にワークを把持する部分を簡単に交換できる事で作業の確実性と汎用性を両立しています。
各種ロボットメーカーのロボットに取付可能となっています。

【特徴】
爪の交換はチェンジャーによる自動交換と手動交換の2タイプです。
カメラの取付も可能でハンドアイタイプもございます。
専用ケーブルも用意しておりますので断線による復旧作業等も交換のみになり艤装もシンプルになります。 ティーチングミス等により衝突をしてしまった場合も爪が壊れやすい構造になっておりますので復旧は爪の交換のみで再ティーチングは必要としません。

  • ロボットセル生産システムとは

    知能ロボットが高度なセンサーとアプリケーションソフトを 生かしてバラ積みのワークを取り出し、工作機械・検査機等に搬入し、加工・検査などを経たのち所定の位置に格納するといった作業を自動で行う。
    ロボットを使いこなす生産技術者も不要であり、ワークを加工冶具に取り付ける人員や加工冶具数も大幅に減少させることができます。

    ロボットセル
    【省スペース複数ロボット型】
    人手で行っていた1部品の全てのパーツの
    組立作業を行うシステム
    ・従来人手にて行っていたパーツ類の組立作業
    ・多品種に対応した生産ロボットライン
    ・多工程一本化を実現した生産ロボットライン
    ・リスクを伴う作業をロボットで実現
    ・既存周辺装置と組み合わせ1ラインを設計
    【省スペース単体ロボット型】
    人手で行っていた組立作業の一部を行う。
    複数セル作成により一連のラインを完成

    垂直多関節ロボットとは

    通称「多軸ロボット(6軸・5軸ロボット)」などと呼ばれています。
    機構が人間の腕に非常に良く似ており、複雑な動きに対応できます。

    3次元曲面動作範囲を持っている。
    弊社の生産ロボットラインは、垂直多関節
    ロボット と周辺装置を組み合わせ製造現場のさまざまな工程を1本化し省力化・省人化・省コスト・品質向上・安全性向上を実現し大手電気・半導体企業より多大な評価を頂いております。

    知能ロボットとは

    垂直多関節ロボットの手先に知覚センサー等を持たせる機能があります。
    この視覚機能を利用すると以下のような事が
    可能になります。
    (例)
    様々な製品を位置補正しハンドで正確にタッチアップを行う事が可能。
    形状判断をし仕分け作業を行う。

    弊社ではロボットと組みあわせ外観検査装置・良品・不良品等の検査装置もあわせて製作しております。

  • 装置に関するご相談

    ロボット化へのご相談は下記までお願い
    いたします。
    042-560-4885(営業部)
    sale@tech-m.co.jp
ページのトップへ戻る